ホーム < 便意を我慢しない

子供の便秘情報 その3 便意を我慢しない

子供の便秘対策 便意を大切にする

便意は通常、1日に1~2回しか起こりません。それなのに便意を我慢してしまうと、お腹に溜まっている便も出すのは次回に便意があった時にとなりがちです。この繰り返しが、便秘の原因にもなっているようです。

子供の便秘の場合は

幼稚園、保育園、小学校など、友達がいる環境で「うんち」をするのが恥ずかしい・・・という思いから、ついついウンチを我慢しがちになります。
通常、便が腸にあると、脳に信号が送られ、便意が起こるのですが、あまりにも便意を我慢していると、この便意の信号が弱くなるようです。毎日ウンチが出ている方は、1日ウンチがでないだけで、とっても気持ち悪るい感じがあるのに対し、慢性の便秘の方は、1週間出ていなくても、なんとも感じない方もいます。これは腸の働きが、あきらかに低下していると思われます。

幼稚園や保育園、学校に行く前にトイレの時間がなかったり、幼稚園、保育園、小学校にいっても、ウンチをするのが恥ずかしくて我慢する・・・そうした便意の先延ばしが子供便秘の原因になっていったりします。本当は朝に「ウンチ」を出していけばいいのですが、子供の起きる時間が遅いとか、食事を食べるのに時間がかかたり、準備に時間がかかったりなどで、トイレの時間が作れなかったりしていませんか?
理想はトイレ時間を作れるだけの朝の早起き、そして、しっかり朝食を食べるということです。食事をすると、胃腸反射が起こりますので、便意が起こりやすくなります。

■大人の便秘の場合は

朝起きれなくて、朝食を抜く方や、前の日に夜遅く食事をして、朝に食欲がなく、食べれない方もいらっしゃいます。朝食を抜くと、胃腸反射が起こりにくくなりますので便意も起こりにくい原因になります。またお化粧に時間がかかり、お化粧の途中に便意がきても化粧が終わるまでは我慢していて、いざ化粧が終わると便意がなくなっていて出ないということもあるかもしれません。便意がないので、ウンチがでない。便秘する。だから、腸を刺激する習慣性の強い下剤で便意を起こして便をだしている。そうしているうちに、下剤なしではウンチをだせない体になっていきます。ますは、日常の便意を大事にしていきウンチが出る、出ないは別として、便意があったときはトイレに入りましょう。

「つるっとファイバー」には、下剤は含まれておりません。誰でも安心して、美味しく、お召し上がる事ができます。一度、試してみませんか?この下の注文ボタンより、お気軽にご注文くださいませ。

トップページへ戻る場合は、コチラをクリック ⇒ トップページへ
1箱のご注文は
click!
つるっとファイバー1箱
6,480(税込+ 送料
送料無料の2箱ご注文は
click!
つるっとファイバー2箱
12,960(税込)送料
無料