ホーム < 食物繊維を増やす食事の工夫

子供の便秘情報 その4 食物繊維を増やす食事の工夫

子供の便秘対策 食物繊維を増やす食事の工夫

毎日しっかり食物センイを補っていくには、サラダで野菜を摂るという発想だけではいけません。こういう発想だと、だいたいが食物繊維の1日摂取量に達しないまま1日の食事が終わってしまいます。上手に食物繊維をとるコツは、主食、主菜、副菜、汁物、デザートの、各項目で少しつづ摂る意識が大切です。便秘しやすい子供が、無理して野菜を食べるというより、自然に美味しく食べれるように工夫をしていくといいでしょう。

■まずは、主食で

毎日、確実に食物センイを摂っていくには、主食で摂れると便利です。白米だと、食物繊維は非常に少ないのですが、七分づき米、玄米には豊富に、食物センイが含まれています。最近では、炊飯器の技術も上がってきており、ご家庭の炊飯器でも玄米は普通に炊けるようになっています。全部、玄米でなくても、白米に少し加える程度でも効果はあります。子供でも玄米を喜んで食べてくれたりもします。子供便秘対策に玄米はお勧めですよ。

■野菜は生野菜より、火を通す

生野菜のサラダを食べると、「野菜を食べたー」と実感しやすいですよね。でも量にすると実際は結構、少なかったりします。しっかり量を摂りたい時は、煮たり、焼いたりして火を通すとかさが小さくなり、量を多めに食べれるようになります。食の細い子供や、お年寄りの便秘対策には、野菜は火を通してたくさん食べさせてあげたいものです。子供便秘対策には、温野菜を上手に活用しましょう。

■豆も以外に便利です

大豆には、食物センイが多く、日本料理にはいろいろな献立がありますので上手に使っていきたいです。おからなども、とってもいいです。また、納豆などは料理の手間もなく、毎日食べる事も可能です。ゴマや、アーモンドなどを、他の料理に振りかけても美味しいですよね。

■キノコ、海藻、コンニャクも摂りましょう

食物センイが多いだけでなく、カロリーが低めなので、ダイエットにも最適です。いろいろな料理に、加えてみましょう。低カロリーでボリュームがでます。子供便秘対策には、バターやチーズなどを合わせたりして、子供の食べやすい味でも構いません。またオリーブオイルで炒めると、さらに便秘対策に効果的です。

■具だくさん味噌汁で

食事の品数を増やすのが大変な方は、お味噌汁に具をたくさん入れて具だくさん味噌汁にするのもお勧めです。子供便秘対策には、なるべく繊維質の食品をとり入れましょう。

■果物は皮や袋ごと食べる

農薬には、気をつけていただきたのですが、皮や袋の部分に食物センイが多かったりします。リンゴは皮ごと食べるとか、ミカンなどは袋ごと、白い筋なども一緒に食べたいものです。

■野菜の皮の部分も役に立つ

野菜イメージ サツマイモ、ダイコン、ニンジンなど、普段は捨てている皮の部分も、ちゃんと食べれます。食物センイも多いので、食べ物を無駄にしない心がけで食べれるといいですね。子供便秘対策には、野菜の皮を捨てない、ちょこっと料理アレンジをするだけで、繊維の摂取量がぐっと変わってきて、便秘予防にいいですよ。

子ども便秘でお悩みのお母さん、パン食、麺類が多くなっていませんか?パン食、麺類だと、どうしても野菜不足になりがちです。栄養の面でも心配です。昔ながらの和食がお勧めですよ。

大人の方の便秘の方も、朝は食パン1枚、昼は外食でラーメンや、コンビニのオニギリだけになっていませんか?便秘以外にも健康を保つ意味でも、食事も大事ですので、見直していきましょう。

食事が大事なのはわかっているけど、なかなか毎日続けれないと思われる方。仕事をしていて、料理する時間もなかなか作れない方。つるっとファイバーだと、手軽に食物繊維が補えます。普段の食事の補いとして、お役立てください。ゼリーにすると、子供の便秘や、お年寄りの便秘の場合でも、食べさせやすいです。この下の注文ボタンより、お気軽にご注文くださいませ。

トップページへ戻る場合は、コチラをクリック ⇒ トップページへ

1箱のご注文は
click!
つるっとファイバー1箱
6,480(税込+ 送料
送料無料の2箱ご注文は
click!
つるっとファイバー2箱
12,960(税込)送料
無料