ホーム < 腸内細菌について

子供の便秘情報 その7 腸内細菌について

腸には、ものすごい種類、数の腸内細菌が住んでいます。

私達の腸には、いろいろな菌が住みついていて、種類にして100種類以上、数にして100兆個くらい、重さにしては1㎏分くらいあるとも言われています。もちろん子供の例外ではありません。

子供の腸には、出産後3~4時間後くらいには、腸内細菌が腸に住みつくようになり、母乳を飲み始めると出産後24時間くらいで、相当な数になってくるとも言われています。

腸内細菌イメージ 菌にも、大まかな分類があって、酸素を利用して生きていける「好気性菌」と、酸素があると生きていけない「嫌気性菌」がいます。また、どっちでも対応できる菌もいます。この様々な種類の菌のバランスが、健康にも影響を及ぼしています。よくわかりやすく、腸の善玉菌(ビフィズス菌など)や、悪玉菌(ウェルシュ菌など)と言われるように、善玉菌が優性だと、腸の環境や働きが良くて、悪玉菌が優性だと、ウンチの状態が悪くなるばかりか、最近ではアレルギー、ガン、糖尿病などの悪化要因になるとも言われています。子供が便秘していると、腸のバランスも乱れてきています。早く良くしてあげたいものです。

お腹の腸内細菌もウンチとして出ていってしまうため、永久的にすべてが、そこに住んでいるわけではなさそうです。なので食事から、乳酸菌などの善玉菌を腸に送ってあげて、腸の善玉菌比率を上げてやったり、オリゴ糖は善玉菌の餌になるため、食事などでオリゴ糖を腸に送って増やしてあげると、お腹にはいいみたいですね。子供が便秘で苦しがっているようだったら、お腹の善玉菌のバランスを整えてあげる対策も意識したいものです。肉ばかり食べて、野菜が少ない食事を見直して、ヨーグルトなどで乳酸菌を補うこともいいと思います。毎日の食事をキッチリやる自信がない方は、「つるっとファイバー」だと、手軽に食物繊維、乳酸菌。オリゴ糖が補えますよ。

トップページへ戻る場合は、コチラをクリック ⇒ トップページへ

1箱のご注文は
click!
つるっとファイバー1箱
6,480(税込+ 送料
送料無料の2箱ご注文は
click!
つるっとファイバー2箱
12,960(税込)送料
無料